副業を行う前に、自分自身の看護師としての立場をまず理解する必要があります。

法的に副業を認められている施設であるか、そうでないかという見極めや、自分が働いている施設、病院はどのようなところであるのかをまず把握する必要があります。

社会の成り立ちを理解した上で副業を開始しましょう。

公務員は副業禁止!

一般的に公務員は副業は認められていません。

公務員は中立的な立場という事で、公務員が何処かの企業で働いたり、営利目的での活動を行ってはならないと法律で定められています。また、なんらかの報酬を得て他の事業や事務に関わる事も禁止されています。(国家公務員法 地方公務員法)これを違反するとなると、よくニュースなどで言われている、停職(業務を一定期間停止を命じられる)免職(職を失う)、減給(お給料を減らされる)、警告(何らかの指導)という処分となってしまいます。

公務員といっても、自分の病院がどんなところか良くわからないという看護師さんもおられるでしょう。病院や施設の肩書きに特定地方独立行政法人となっている場合は、公務員とみなされます。

非特定地方独立行政法人となっている国立病院機構や一般地方独立行政法人としている県立病院や私立病院の看護師さんは公務員ではないとの位置づけですので、よくわからないという看護師さんは、自分の勤務先の就労規則を十分に確かめたほうがよさそうですね。

公務員の場合は税金などの面で、バレる可能性が高いですので、税金等の知識も十分周知することが必要ですね。

公務員以外の職場はバレても処分にならない?

基本的には公務員以外の職場は、法律的に看護師が副業をすることについて禁止していません。プライベートの時間をどのように使おうと個人の自由ということです。ただし、各施設、病院ごとの取り決めごとがあるため就労規則を熟読しておく必要があります。

基本的に副業禁止している病院や施設で副業がばれた場合、それぞれ各事業所で決められた処分という形になります。

警告(注意)、減給(給与を減らす)、出勤停止、解雇という事も考えられますので、十分注意が必要です。

なぜ副業を禁止するのか?

副業といっても様々で、ダブルワークとして、病院、施設などのバイトや他の職業、在宅で行うお仕事それぞれです。

やはりどの企業にしても禁止している理由として、副業する事で、本来行うべき業務を怠る可能性があるかもしれないということ(労働の質の維持)、企業秘密の漏洩。病院施設へのイメージダウン等も考えて副業を禁止しているところが多いようです。

副業をするにしても、本業に影響を与えるような副業の方法は基本的にはやめておいたほうが無難ですね。特に風俗、水商売等はバレると、イメージを気にされがちであり、敬遠される事もありますので処分がきつくなる事もあります。

かといって、どこの施設や病院も看護師が不足しているこのごろです。すぐに解雇ということはほとんどないと思います。

どうしても経済的理由等で、副業をせざるを得ない場合は、自己申告で認めてもらう方法もあります。副業を禁止している病院などは、深刻な理由であれば、バレる前に上司に相談してみてから始めたほうが、後々バレタ事を考えると処分も軽く扱われる可能性もありますね。

本業は必ず規則を守り慎重に!

副業がバレる場合の原因として、本業に支障をきたし始める事です。

夜勤バイト等を入れたり、いわゆる夜のお仕事(水商売)などを始めると、どうしても仕事中に居眠りをしたり、あげくの果てには、遅刻の常習犯となってしまう人を時々みかけます。

今までの勤務態度との違いを上司はしっかりとみていますし、同僚に迷惑をかけているわけですので同僚からもクレームがでます。エスカレートすると、組織からの指導や、処分の対象となってきます。

副業をしている事がバレなくてもこのような件で警告や配置転換等の処分の対象になる事がありますので、社会人としてのルールが守りながら副業を行うのが常識的かと思います。

いずれにせよ、副業がバレた場合は、あなたに対して組織は良いイメージを抱きません。特に夜のお仕事(水商売)などは敬遠されがちです。そうなった時処分の対象にならなくても、自分で自分の首をしめるような状況になってしまい、自己退職をせざるを得ない状況になってしまうこともありますね。

副業で看護師のライフワークをもっと楽しくする事もある!

副業を行うにしても、目的があるはずです。

単純にお金が欲しいということもあるのでしょうが、お金をどのように使うのか。家族の幸せのため、自分の幸せのためですよね。副業の種類は様々な分野があります。同じような医療関係のバイト、夜のお仕事、ネットビジネスなど。

私たち看護師は、病院や施設といった環境の中でしか仕事していません。世間の事をあまりよく知らないのです。

副業をすることで、自分の知らない世界を知る事できます。もっと生き生きと看護することができるかもしれません。副業は決して悪い事ではなく、ルールをまもりさえすれば、とても良い人生経験となるはずです。